(via imgTumble)

(via imgTumble)

(Source: pushthemovement, via da-ft)

97年5月から始まった雑誌『スヌーザー』は、次号を最後に消滅します。あるひとつの価値観がここで終わったと、あなたの脳裏の片隅に記憶してもらえれば 幸いです。何かにおもねることもなく、媚びることもなく、ひとつの価値観を貫いたまま、ある時代のひとつの象徴として、『スヌーザー』を終わらせることが 出来ることをどこか誇りに感じています。

いつまでもそうやってひとりでいればいいよ
yaminokopro ぽよ、とか、うーなーとか言ってんじゃないよ君たち。たるんでいるのではないか?
メガネ欲しい。みんながメガネに挨拶しないようなメガネ欲しい
俺「これからどこいくの?」友「デート」俺「」
 台湾は人口が約2300万人。1人あたりにすれば100円弱の寄付額にすぎないが、仮に小さな金額でも、多くの人数が集まればこれだけの金額になるということを思い知らされる。